• かける想い
  • 落花生に

3代70余年わたって、木更津で愛されてきた伝統の味

肥な土壌と温暖な空気が育んだ千葉県の落花生。
特産品として有名になったが、
その歴史には、きっと様々な先人の試行錯誤がありました。

3代70余年わたって、木更津で愛されてきた伝統の味。
地元木更津で昔ながらの製造方法を守り、
愚直に、誠実に、おいしい落花生をお届けいたします。

かずさ屋のこだわり

こだわりの素材千葉県産千葉半立種を使用。

信頼のおける生産農家から「甘味」と「味の深さ」で知られている千葉半立種を直接仕入れております。
天日干しや素煎りは原料そのもので味が決まります。
卓越した選別できる目で、経験に基づいて原材料を見極めています。

こだわりの素材千葉県産の半立種を使用

こだわりの製法すべての作業を手作業で行う

かずさ屋では落花生の「甘味」と「香り」を損なわぬよう、機械での作業よりも、手作業での品づくりに専念し、人の目と手で落花生の色や形を選別して自家焙煎しています。
「から付」の乾燥は昔ながらの天日干し、「手むき素煎り」はむき実に割れやキズがつかないように一つ一つ手でからをむき、自家焙煎し丁寧な品づくりにこだわっています。
また、お客様に安全な商品を提供するために保存料、添加物を一切使用していません。

こだわりの素材すべての作業を手作業で行う

こだわりの煎り方

その時の天気や湿度により火加減を調整し、とろ火でじっくりと煎り上げ、「甘味」がとばないように丁寧な焙煎をしています。
煎り上がる直前には、色と食感に気を使い煎りすぎないようにしています。
煎り上がりが1番大事。落花生全てに神経を集中させてベストな品物ができるよう落花生と向き合っています。

こだわりの煎り方

なぜおいしいのか?

信頼~人と人との繋がりを大切に~

信頼のある生産農家からの「原料の仕入れ」
美味しさの決め手は素材の見極めである。

落花生は農産物ですので、生産された年度や気候などで味に変化があり又、品種や地域土質によってはもちろん、「栽培収穫までの管理」が味わいに直結しているともいえます。
私たちの長い経験と信頼で、落花生を知りつくし手間ひまのかけることをおしまない几帳面さ、を追求している作り手であるからこそ落花生を美味しくつくることができます。
そんな生産農家さんより直接落花生を仕入れております。

~人と人との繋がりを大切に~

鮮度~適切な品質管理と必要な量だけを煎る~

栽培、選別、焙煎加工にいたるまで、お客様のお手元にお届けするまで鮮度を大切にしています。

そこがおいしさに直結すると考えているからです。
1番おいしい落花生を食べてほしい!そんな店主の想いから、落花生の品質が一定に保つように季節や気温によっても保存状態を一定に低温倉庫で年間保管し、いつでも加工できる状態で年間保管しており、自社では落花生を煎る時は毎日必要な量だけしか焙煎をしません。
又、ゆで落花生に関しては、掘り起こした土ざやを手もぎ作業し、翌日にはを水洗い洗浄後、塩茹でしてから冷凍することにより1年中変らないおいしさをお届けすることが出来ます。

~適切な品質管理と必要な量だけを煎る~

選別~見た目でのおいしさを感じさせる~

落花生品質をそろえる為に手の込んだ選別をしています。
天日干しから付きは、風力選別機にかけて水洗浄を行い天日乾燥後、人の手による選別をしてから焙煎します。
焙煎機の中では落花生が割れたりするので、その後手選別にて不良品をはねだします。
パッケージ工程にも細かい配慮をして丁寧さをこころがけています。

むき実の加工工程では粒形を揃える為、専用のふるいにかけその後割れや変色した実を手作業選別をしてはねだし、焙煎をしています。
更にパッケージ作業を行う前にもう1度薄皮の取れたものや割れみを手作業ではねだし選別し、見た目の美しさと美味しさも感じさせる商品を造り上げます。

一般的な基準よりも厳しいかずさやの基準がそこにありギフトにも喜ばれております。

~見た目でのおいしさを感じさせる~

千葉県産落花生の特徴

厳選された「千葉半立種」を使用

千葉県の特産品として落花生は有名です。
この落花生にはお米と同じように品種があり、煎り豆用として「千葉半立」「ナカテ豊」また、ゆで豆用として「郷の香」「おおまさり」が代表的な品種です。
落花生工房かずさ屋は煎り豆に千葉半立種を原料とし、品質を維持するため機械工程を極力減らし、手作業での選別を主として煎り豆加工を行っており、豆の甘さと香りを損なわぬよう弱火でじっくりと煎りあげ美味しくお召し上がりいただけるように品づくりに専念しております。

  • 甘味にコクがある
  • 渋皮が濃い桜色をしている
  • からがしっかりしている
  • からに土色の斑点がみられる
千葉県産落花生の特徴

落花生の栽培風景

  • 5月下旬
    5月下旬

    種をまきます。

  • 6月
    6月

    発芽し成長が始まります。

  • 7月
    7月

    黄色い花が開花します。

  • 8月
    8月

    葉が成長し開花が進みます。

  • 8月~9月
    8月~9月

    花びらが落ち子房柄が土の中へのび、さやが形成し中の実がついてきます。

  • 10月~
    11月中旬
    10月~ 11月中旬

    堀り起し後、地干しをしてから野積み乾燥させます。

  • 12月
    12月

    脱穀をし落花生を取り出します。