• HOME
  • 落花生の知識

落花生の知識

xxx

落花生は有能食品

落花生に含まれる主な栄養とその働き

下記の他にもレスベラトロール(落花生の薄皮に含まれているポリフェノールの一種で、生活習慣病の予防に効果があるといわれています)などもあります。
その他のミネラルとして、丈夫な骨を作るカルシウム・マグネシウム、味覚形成に大切な働きをもつ亜鉛も多く含まれています。

ビタミンE 体の細胞を丈夫にし、老化や動脈硬化を遅らせる働きがあります。
ビタミンB1 体の中の糖質を分解してエネルギーに変えるときに欠かせないビタミンです。欠乏すると食欲不振、疲労、肩こりの原因となります。
ビタミンB2 「美のビタミン」といわれ、皮膚に潤いをあたえます。
ナイアシン(ビタミンB3) 肝臓内でたんぱく質・脂肪・炭水化物などの代謝を助け、二日酔いを予防します。
オレイン酸とリノール酸 落花生の成分の50%近くが脂質です。
その脂質には不飽和脂肪酸のオレイン酸とリノール酸が多く、LDL(悪玉)コレステロールを減らします。

落花生を食べると、こんな効果が!

生活習慣病を予防します。

抗酸化作用を持つビタミンEや体によい不飽和脂肪酸や整腸作用を持つ食物繊維が豊富に含まれているので、生活習慣病を予防する働きがあるのです。

コレステロールを抑制します。

脂肪は、オレイン酸が多く、コレステロールを下げる働きを持っています。

美肌効果・老化防止

若返りのビタミンといわれているビタミンEやたんぱく質を構成しているアミノ酸には血流を促進するアルギニンが豊富に含まれているので、美肌効果や老化防止に役立っています。

子どもの健やかな成長に

丈夫な骨を作るマグネシウムやカルシウム、味覚形成に必要不可欠な亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。さらにイライラに代表される心の健康に必要なビタミンB1も豊富に含まれています。

よく噛むことで、あごを丈夫にします。

現代の食事は軟らかいものが多く、あまり噛まない食事のため、あごの発達が悪く、歯並びも悪くなっているといわれています。落花生をよく噛むことで歯並びをよくし、さらに脳の働きもよくします。

食べるときの注意

エネルギーのとり過ぎに注意!

食べ過ぎると肥満につながります。落花生のカロリーは100gで585kcalあり、これは、ご飯、茶碗3杯と同じくらいになります。

アレルギーのある人は注意!

落花生は厚生労働省より指定されているアレルゲンとしての表示義務のある7品目の1つです(えび、かに、小麦、乳、卵、そば、落花生)。
落花生アレルギーのある人は原材料の表示をよく調べる必要があります。

レスベラトロールをとるためには薄皮つきで!

レスベラトロールは落花生の渋皮に含まれているので、これをとるためには薄皮ごと食べることが必要です。渋皮ごと料理に用いたり、渋皮が付いたままのゆで落花生(レトルト・冷凍)として利用してください。

食品としての成分

dummy

落花生は成分の約50%が脂質の高カロリー食品ですが、ほとんどが不飽和脂肪酸ですからコレステロール値を高める心配はありません。またたんぱく質、ビタミン類も豊富で、さらに渋皮にはポリフェノールが多く含まれています。 一方、アレルギー物質を含みますから落花生を含む食品には必ず落花生と表示されています。 落花生は食べ始めると止められないといわれますが、1日30粒程度以内が賢い食べ方です。

落花生可食部100g当たり成分量

成分 単位 煎りざや バターピーナッツ ゆで落花生
エネルギー kcal 585 592 288
たんぱく質 g 26.5 25.5 11.9
脂質 g 49.4 51.3 23.5
炭水化物 g 19.6 18.2 12.3
灰分 g 2.4 2.6 1.0
カルシウム mg 50 50 24
リン mg 390 380 170
mg 1.7 2 0.9
ナトリウム mg 2 120 2
カリウム mg 770 760 290
マグネシウム mg 200 190 86
亜鉛 mg 3 3.1 1.1
mg 0.7 0.6 0.4
ビタミン・カロチン µg 7 6 tr
ビタミンB1 mg 0.2 0.2 0.3
ビタミンB2 mg 0.1 0.1 0.1
ビタミンE mg 11.4 2.3 7.2
ビタミンナイアシン mg 17 17 8.2
植物繊維総量 g 7.2 6.9 4.2

※資料:一般財団法人全国落花生協会より

オンラインショッピング
ページ上部へ戻る